太陽光発電、オール電化、電気工事、浄化槽維持管理なら三重県津市の株式会社 カンキョー

太陽光発電 オール電化 電気工事 浄化槽維持管理 三重県津市
電話: 059-223-1111

個人のお客様

住宅用太陽光発電

太陽光発電はどんどん設置が増えています

太陽光発電をグッと身近にするカンキョー

切妻屋根の設置事例寄棟屋根の設置事例陸屋根などの設置事例

いまお住まいの住宅に設置させていただく場合だけでなく、最近では新築時に設置を検討され当社に依頼される方が増えてまいりました

新築をご計画の方でもお気軽にお問い合わせください。システムプランを無料で作成させていただきます

太陽光発電関連リンク

切妻屋根の設置事例

N発電所 5.02kwシステム

F発電所 3.00kwシステム

Y発電所 3.43kwシステム

M発電所 3.15kwシステム

T発電所 3.15kwシステム

F発電所 4.22kwシステム

M発電所 5.40kwシステム

O発電所 4.20kwシステム

I発電所 3.72kwシステム

I発電所 3.17kwシステム

Y発電所 5.65kwシステム

N発電所 4.19kwシステム

H発電所 3.10kwシステム

N発電所 2.95kwシステム

I発電所 3.77kwシステム

切妻屋根片流れ屋根 など、
比較的安価で取付けできます。

M発電所 3.14kwシステム

M発電所 3.77kwシステム

 

寄棟屋根の設置事例

H発電所 3.16kwシステム

M発電所 3.30kwシステム

T発電所 2.10kwシステム

Y発電所 3.65kwシステム

I発電所 3.30kwシステム

N発電所 2.50kwシステム

寄棟屋根でも△パネルで綺麗に、
違和感なく取付けできます。

A発電所 3.50kwシステム

F発電所 4.38kwシステム

 

陸屋根などの設置事例

N発電所 5.96kwシステム

O発電所 3.15kwシステム

I発電所 3.17kwシステム

S発電所 4.22kwシステム

T発電所 3.30kwシステム

A発電所 5.40kwシステム

住宅の屋根
工場の屋根
ガレージの上 など、
どこでも設置できます。

ガレージ上にも

I発電所 3.60kwシステム

 

 

浄化槽維持管理(保守点検)

個人宅の合併処理浄化槽及び単独処理浄化槽の維持管理・点検を行います。
浄化槽の保守点検と清掃は法律で定められた回数を行わなければなりません。
浄化槽の維持管理(保守点検)は、浄化槽で処理された水が公共の水路に放流される
ことから、公共用水域の水質汚濁を防止するために浄化槽法で決められています。

浄化槽を使用する法定義務について(クリックしてください)

処理水の透視度とPHを測定します。
微生物が汚水を正常に処理しているか分かります。
残留塩素の測定をします。
処理水が消毒されて放流されているか調査します。
場合により消泡剤を使用します。
油脂類や多量の洗剤が流入すると泡が発生します。
 
送風(ばっき)量の調整をします。
温度や微生物の状態に応じて空気量を調整します。
消毒剤の補充をします。
放流水の水質基準を守るためにも必要です。
 

 

オール電化

今日も、約150世帯が火のない生活を始めています

オール電化をもっと身近にするカンキョー


キッチンの調理器をクッキングヒーターに、給湯器を電気給湯器に。
そんな、【火を使わない】 新しい生活が 〈 オール電化 〉 です。

○オール電化を始める方が急増中で、その数なんと 毎日150世帯!
○オール電化を始めた方の9割以上がその暮らしに満足しています。
○あなたもオール電化の暮らしを始めてみませんか?
○既存の器具からの取替えだけでオール電化の暮らしが始まります。


サッとひと拭きでキレイに
表面に凹凸のない平板で、汚れをサッと拭き取れます。
油などの飛び散りも少なく、簡単なお掃除でキレイになります。
200ボルトのハイパワーでお湯などすぐ沸きます。
火力は焦げ付きを注意するほどの高火力です。
火を使わないから安心
電気だから吹きこぼれによる立ち消えの心配や、ガス漏れなし!
加熱防止や切り忘れ防止などの安全機能が満載です。
炒める、煮る、焼き物、蒸し物などなんでもおまかせ。
揚げ物は温度コントロール機能でたいへん便利です。
環境と家計にやさしい給湯器 エコキュート
大気の熱を利用するので、電気をあまり必要としません。
深夜に安い深夜電力でお湯を沸かします。
昔の電気温水器のようには湯切れしないマイコン制御。

   

生活環境工事

公共下水道接続工事浄化槽設置工事
揚水ポンプ交換工事排水管・つまり通し

 

公共下水道接続工事

公共下水道が整備された地区では、下水道への接続工事が必要となります。


トイレ台所風呂洗面所などは汚水として下水道へ排水します。
汚水雨水は切り離して排水しなければなりません。

工事前の状態
市役所の設置した公共ますへ接続します。
手前の丸い白のフタが公共汚水ますです。
コンクリート土間の場合、カッターで切断を行います。
配管路に沿ってカッターを入れます。
騒音が出るので、ご近所に工事前の挨拶をします。
掘削し、汚水配管を敷設します。
合流・曲がり部分には、ます(桝)を設置します。
浄化槽への流入をストップします。
浄化槽内部は汲み取りしておきます。
浄化槽は上部を切断し内部の機器を撤去します。
雨などの水が溜まらないよう底に穴を開け埋め戻しをします。
汚水配管を敷設後埋め戻しをします。
湿気の多いところでは、ビニルシートを敷きます。
メッシュ筋を敷きコンクリートの復旧をします。
   
接続工事の完成状況。工事期間は3~7日間です。
各家庭の配管経路により工事価格は様々です。
一般的に合併浄化槽設置のお宅は、雨水と汚水が分離しており簡易工事で安価です。
   

 

浄化槽設置工事

浄化槽設置に伴う市役所への補助金申請も当社が代行いたします
浄化槽補助金について(クリックしてください)
浄化槽据付前状況
浄化槽内部の穴から漏水しており交換します。
浄化槽のコンクリート置台です。
硬化後クッションとして上に砂を敷きます。
浄化槽設置状況
スリーブ管を入れコンクリートを流し込みます。
浄化槽まわりの補強は重要です。
   
合併処理浄化槽設置後状況
この工事の工期は10日でした。
   

 

揚水ポンプ交換工事


交換工事前の状態
2棟36世帯用の揚水ポンプです。
5500ワットのモーターが2ケ設置されています。
直径1.5メートルの圧力タンクです。
揚水するために空気層を高圧縮します。
古い設備では大きな圧力タンクが必要でした。
新しいポンプの設置用基礎を作ります。
既設撤去後機械室を有効利用するため部屋の端です。
ポンプ・配管の設置作業です。
既設配管を使用するため断水はしていません。
配管の切り替え作業です。
断水しますが短時間で済むよう先行配管しています。
交換工事後の状態
インバータ制御のステンレスポンプに交換しました。
2200ワット2台となり、電気代は60%削減です。

 

排水管・つまり通し

キッチンやトイレなど水廻りの排水が悪いものを正常に戻す工事です。
排水管は汚れが溜り、管内の水路が狭くなるので定期的な清掃が必要です。

排水桝(ます)の工事前写真です。
水が流れない為、桝に排水が溜まっています。
内視鏡により、つまりの原因を調査します。
カメラ撮影を見ていただけます。
木の根が排水管に分け入ってます。
排水には養分があり木が浸入することがあります。
管内の清掃作業です。
カメラで確認しながら木の根を切断します。
木の根の切断・除去が完了した状況です。 つまりの原因を除いたあとの排水桝です。
作業により排水管の流れが回復しました。
   
高圧洗浄車及び吸引車です。当社では、
・高圧洗浄車      2台
・高圧吸引車( 4t)  2台
・高圧吸引車(10t)  1台
があります。